福井県立恐竜博物館

ゴールデンウィークの最終日だったのですが、どうせなら外出しようという事で福井県立恐竜博物館まで車で行ってきました。

北陸道で2時間半くらい。想像以上に遠かったです。

でも、朝10:00頃には入館できました。

早く行ったつもりでしたが、さすが休み中という事もあり、駐車場はもう満車で臨時駐車場に停め、少し歩きました。

最近恐竜に興味のある子供が喜ぶと思って行きましたが、大人でも十分楽しめる施設ですね。

博物館の中に向かう道中、歩きながら数々の恐竜のオブジェや看板が出迎えてくれます。

そして、博物館は恐竜の卵のイメージした楕円形で、全体で恐竜のイメージを醸し出してくれています。

館内は、全身骨格が何体もディスプレイされていて圧巻の一言です。

恐竜時代は、こんなに大きい生き物が闊歩していたのかと想像が膨らむ施設ですね。

ただ、やはりゴールデンウィーク中なので、館内は人混みがすごいのです。

なかなかゆっくり見る事が出来なく、また、目玉きかくでもある、発掘体験にも既に予約満杯の状態で参加できませんでした。

ただ、遠巻きにですが、化石クリーニング作業が見れたのが良かったです。

もともと、小さい石ころにしか見えない化石を、化石の様に見えていくことが非常に興味深かったです。

また、最後に売店でお土産を買いたいと思っていたのですが、ここが一番の混雑。レジが長蛇の列でした。

そして、14時くらいに館内を出たのですが、帰る時には来た時より凄い渋滞になっていました。(2017年5月7日 40代男性)