2017年5月7日 20代女性

新江ノ島水族館

ゴールデンウィークの最終日はどのスポットも空いていてオススメです。

月曜日が休める場合や、日帰りで行ける距離の観光地に行く時は最終日を狙っていくとストレスなく楽しめると思います。

電車を使って行きましたが、江ノ島電鉄にもすぐに乗れましたし、水族館の券売所もほとんど並ばずに済みました。

館内の人出も平日より少し多いくらいかなという印象で、イルカショーやえさやりなどイベントの時間でも席取りの必要なく直前に行っても見ることができました。

その日唯一並んだのは出口横のお土産屋さんのレジだけでした。

閉館ギリギリまでいたので、館内に残っていたお客さんが一気に押し寄せていました…

ペンギンの水槽をすぎたところのショップとそこまで品揃えは変わらないので、そちらで済ませてしまう方がいいかもしれません。

江ノ島水族館で不便だなと思うのがコインロッカーが館内に入ってすぐのところのにしかなく、出口から行けないことです。入り口で声をかければ入れてくれると思いますが、階段を登って少し歩くので、電車で行かれる際はは駅のロッカーを使った方がスムーズにすむと思います。

駐車場は利用していないので詳しくはわかりませんが、水族館の最寄りの有料駐車場は空車と表示されていました。

ゴールデンウィークの時期になると日の入りが閉館時間の30分後くらいなので、目の前の湘南の海で夕陽を眺めるのもオススメです。

浜もそこまで混雑していないので、ゆったりと過ごすことができます。

2017年5月4日 20代女性

新江ノ島水族館
片瀬江ノ島駅で彼と待ち合わせをしましたが、まず小田急線の電車が混雑。

江ノ電に至っては乗車するのに30分待ち…。

お昼はプラプラ歩いて決めようと話していて予約をしていなかった為どこも長蛇の列。

家族連れがとても多かったので余計に人が多いなと感じました。

少し駅から外れたところでようやくお店に入ることができて、そこでお昼を食べました。

そのあとに江ノ島水族館に行こうとしたらまたしても長蛇の列…。

当日券を買うのに1時間待ちということと、今入ってもゆっくり鑑賞できないよねって話になって江ノ島水族館は夕方頃に行くことに。

それまでは時間を潰すため、海岸に行ってみたり海沿いを散歩したりして16時頃に江ノ島水族館に再挑戦!

昼頃よりは空いていて、それでも中に入ってみたら人で溢れかえっていました。

ショーは人が多くて入場規制がかかってしまい、遠目で少しだけ見る程度に…。

海の生き物に触れてみるコーナーでは家族連れがたいへん多くて、小さい子供がたくさん居ました。

それでもなんとか海の生き物に触れることができて、そこは満足できました(笑)

帰りの電車の混み具合も考えて早めに水族館をでて、片瀬江ノ島駅ではなく、どこの駅かは忘れてしまいましたが、そこで夕飯を食べてお茶をして帰りました。

やっぱりGWだし、こどもの日も近いこともあって、どこへ行っても家族連れが多いし、子供達は自由に歩き回るので普段歩いている道でさえ歩くのに少し苦労しました。